債務整理とクレジットカード・ローン

債務整理の際にクレジットカードを整理対象にせず残しておけるのか、債務整理後ブラックリストに載ってしまうとクレジットカードが作れないのか、ローンの審査に通らないのかといって悩みが非常に多いので、債務整理とその後の信用やクレジットカード、ローンについてまとめてみましたので参考にしてください。クレジットカードが作れて当たり前、ローンの審査に通って当たり前という前提で債務整理をしてしまうと、再び返済が滞り、最初は任意整理や過払い金請求で済んだ人が自己破産にまで追い込まれてしまう可能性もありますので注意が必要です。

債務整理後は住宅ローンが組めない?いつから審査に通る?

マイホームを購入する際には住宅ローンを組むことが多いですが、債務整理をすると、一定期間の間、住宅ローンを組むことが出来なくなります。手続きをすると信用情報機関が保管する個人信用情報に事故情報が記録されて、銀行などの金融機関のローン審査に通らなくなってしまうからです。銀行だけではなく、信用金庫や政府系の公庫(住宅金融支援機構)などの住宅ローンも利用することはできません。

続きを読む

債務整理後、整理対象外にしたクレジットカードは使える?

債務整理をすると借金問題は解決できますが、ブラックリスト状態になってしまうというデメリットがあります。手続きを実行すると信用情報機関が保有している個人信用情報に事故情報が記録されてしまうので、クレジットカードの審査に通らなくなってしまうのです。その後、新たにクレジットカードを発行することはできなくなります。

続きを読む