債務整理と弁護士・司法書士

債務整理は自分自身で行うこともできますが、何をしていいかわからない人も多いでしょうし、かなりの手間がかかるのが実際のところですから、弁護士や司法書士に依頼するのがベターです。また、任意整理など貸主との交渉が発生するような事案については、幾多の交渉経験を持つ弁護士や司法書士に依頼したほうが得策といえます。ここでは、弁護士と司法書士の違いやそれぞれのメリット・デメリットについて解説します。債務整理をすることがほぼ決まっていて、あとは弁護士化司法書士を選ぶという段階に入っている人に読んでいただきたい記事を集めました。

債務整理における弁護士と司法書士の違い、出来ること

債務整理をする場合、個人が自分で手続きをするのは困難なので、専門家に手続きを依頼することが多いです。この場合に依頼する専門家は、弁護士と司法書士です。弁護士と司法書士には、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。以下ではこの両者の具体的な違いやできることを見てみましょう。

続きを読む

債務整理の悪徳弁護士を見抜くチェックポイント

債務整理をする場合には、自分で手続きすることが難しいので、弁護士に依頼することが多いです。しかし弁護士の中には悪徳弁護士がいます。悪徳弁護士は、違法業者と提携していたり、暴利とも言えるような高額な費用を取り立ててきます。このような悪徳弁護士に債務整理を依頼してしまうと、問題が解決するどころか、悪化してしまいます。

続きを読む

債務整理を司法書士に頼むメリット・デメリット

債務整理をする場合には、法律の専門家に依頼しますがその場合には、弁護士と司法書士に依頼することができます。このうち、司法書士に依頼すると、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。以下で、順番に見てみましょう。

続きを読む