債務整理とは

債務整理とは、借金を整理したり減額したりする様々な手段の総称です。債務整理を細かく分けると任意整理、過払い金返還請求、個人再生、自己破産に分類することが出来ます。インターネット上では借金の減額交渉を行う任意整理のことを債務整理と呼んでいるサイトがありますが、厳密にいえば、それは債務整理の中の一つの手段であり、債務整理=任意整理ではないのでご注意ください。

では、債務整理の4つの手段について一つずつ解説していきます。

任意整理とは

任意整理とは、弁護士や司法書士が依頼者の代わりに貸主に対して借金減額の交渉を行うもので、現在の収入状況や借金の総額、返済期間、返済回数などのプランを示し、合意が得られれば借金の総額を減らすことが出来るというものです。

弁護士や司法書士が代理人となって交渉を行うものの、裁判所を通したりはせず、法的な手続きは行わずに貸主との合意を取る方法です。4種類ある債務整理の方法の中で最も多い方法です。

貸主としては、借主がこれまでに支払ってきた利息で十分に利益が出ている場合や借主に自己破産をされて貸したお金を回収できないリスクがあると感じた場合に、減額に応じてくれるケースがあります。

具体的には取引開始時にさかのぼり、利息制限法で定められた上限金利(20%以下)を引き下げて再計算することで借金を減額して、金利分をカットしてから元本を3年で分割返済するように称します。

必ずしも減額を認めてくれる貸主ばかりではないので、任意整理の交渉に強い弁護士や司法書士を見つけることが減額成功のカギです。

また任意整理による減額交渉に成功したとしても、その後の返済が滞ってしまったりすると再び借金問題に悩まされることになり、最悪のケースでは自己破産に至ることもありますので、減額成功後も気を抜かず安定的に返済をしなければなりません。

このようなケースがありますので、弁護士や司法書士側も無職やフリーターなど安定収入が無い場合は、そもそも任意整理を引き受けてくれないケースもありますので予め注意が必要であり、この辺りが任意整理のデメリットといえるでしょう。

過払い金請求とは

過払い金とは、借主が貸主に払い過ぎたお金で、それを取り戻す手続きを過払い金請求(過払い金返還請求)と呼びます。

以前、利息制限法で定められた金利20.0%と出資法で定められた上限金利29.2%の間がグレーゾーン金利と呼ばれていましたが、法改正によって、いまのカードローンやキャッシングの上限金利が20%になりました。既に返済してしまったグレーゾーン金利分を取り返すのが過払い金請求です。

過払い金返還請求には消滅時効というものがあり、貸主との最後の取引から10年が過ぎてしまうと返還請求を行うのが難しくなります。

そもそも自分に払い過ぎた金利があるのかどうかすら把握できいない債務者も多いので、消滅時効までの期間も含めて、まずは弁護士や司法書士に問い合わせてみるのもいいでしょう。

金銭的には、払い過ぎた金利は取り戻したほうがいいのでデメリットは少ないですが、その手続きによって家族など知られたくない人にまで知られてしまう可能性があるというデメリットについては頭の片隅に入れておくといいでしょう。

個人再生とは

個人再生とは、任意整理のように借金を減額・圧縮する手続きではありますが、返済中の住宅ローンがある場合は、家を残しながら借金の減額を試みる方法です。住宅ローンを除いた借金の総額が5000万円以下で将来的に、安定した収入を得る見込みがある方に限り、再生計画が承認された場合限り、借金の元本を最大5分の1まで圧縮することが出来ます。

減額後の借金総額を原則として3年かで分割返済することが条件になるケースが多いです。任意整理をすることが難しく、家や土地などの守りたい試算がある場合は、個人最低の手続きを選択されることが多いようです。

自己破産とは

自己破産とは、全ての借金をなしにする代わりに、すべての資産を差し押さえる手続きのことです。借金の総額が大きすぎる場合や現在の収入が少なすぎて、借金の返済が難しいなどの場合に選択される方法で、債務整理の中でも最終手段のような方法です。

いきなり自己破産をする方もいますが、まずは任意整理や過払い金請求などの方法で減額手続きや払いすぎた利息を取り返すことで返済を試み、どうしても返すことが出来ないようなケース、または任意整理などの手続きを行った後にも返済が滞ってしまったケースなどから自己破産に至ることもあります。

自己破産のデメリットとしては、負債を減らすだけでなく、財産まで無くなってしまう点は必ず覚えておきましょう。さらに自己破産手続き中には、警備員や保険外交員などの一部の仕事に就くことが非常に難しくなったりといったデメリットがありますので、この辺りも事前に知っておく必要があります。

債務整理のメリットとデメリット

債務整理のメリットは、どの上記4種類のうち、どの手段を選択するかによりますが、基本的には返すべき借金の額は少なくなる、もしくはなくなるという点です。過払い金請求であれば、払い過ぎた金利分を取り戻せるというのがメリットです。債務整理のメリットは基本的に、金銭的なのとなります。

反対に債務整理のデメリットは何かというと、これもどの手段で債務整理をするのかによるのですが、事故情報が記録されてしまうという点でしょう。いわゆるブラックリストに載ってしまうということです。

金銭面では、債務整理をした人の信用というのは大きく下がってしまいますので、今後新しくクレジットカードを作ったり、車や住宅のローン審査などに大きな影響を与えてしまうというのが、最大のデメリットだといえるでしょう。

過払い金請求については、グレーゾーン金利分、つまり本来なら払う必要なが無かった分のお金が返ってくるだけですので、これといって大きなデメリットは思い当たりませんので、最終的には弁護士や司法書士などと相談して決めて頂きたいですが、デメリットよりもお金を取り返せるメリットの方が大きい可能性が高いと言えます。

債務整理は弁護士と司法書士のどちらに頼むべきか

債務整理を行うには、弁護士化司法書士に依頼することが一般出来ですが、ではどちらに依頼するのが良いのでしょうか。最終的には債務整理が成功する確率が高いほう、能力が高い方というのが結論になりますが、弁護士と司法書士では出来ることが違いますので、まずはそのあたりについて解説します。

弁護士はあらゆる行為の代理が出来るが、司法書士は書類作成代行にとどまる

まず弁護士ですが、こちらは債務者の代理人になることができ、裁判所に行って本人の代わりに代弁をすることが出来ますが、司法書士はあくまでも書類作成代理人というポジションになるので、自己破産や個人再生の申立書を作るところまでしかできません。

司法書士が裁判所に行って債務者の代わりに代弁をすることは出来ません。それ以外にも、基本的には法律行為を代理で行うことが出来ないのが司法書士です。

司法書士は金額が140万円以下の案件しか扱えない

また弁護士は過払い金請求など、扱える金額に制限が無いのに対して、司法書士は140万円以下の事件しか扱うことが出来ませんので、それ以上の金額を扱う場合は、必然的に弁護士を選択せざるを得ません。

債務整理の費用については、各法律事務所や弁護士個人、司法書士個人の価格設定によりけりですが、全体的に見ると司法書士のほうが価格や安めに設定されていることが多いです。

まとめると、弁護士は法律行為の代理が出来るので、様々な手続きを丸投げしてしまうことが出来ますが、司法書士の場合はそれが出来ず、書類の作成代行にとどまるので、自分で煩雑な手続きを行わないといけないこともあります。その代わり価格は司法書士のほうが若干安めのことが多いと覚えておきましょう。

面倒な作業をすべてやってもらいたいなら弁護士、多少なりとも自分の手間が増えてもいいから安く済ませたいという人は司法書士を選べばいいでしょう。

ただし、先ほど申し上げたように、債務整理は必ずしも成功するとは限りませんので、最終的には実力や実績で選ぶのが良いでしょう。また任意整理の場合は、返済期間が3年間になりますので、弁護士や司法書士との付き合いも3年間あるということですので、アフターフォローや連絡の早さ、人として信用できるかどうかなどもチェックしておく必要があります。